少額から始められるWeb広告

少額から始められるWeb広告

前田

広告を始めてみたいけど、見積りをとったら毎月高額な費用がかかってしまうことが分かった。自社で始めてみても良いけどノウハウもないし、何から初めていいか分からない。そんなお悩みありませんか?私たちのWeb広告は「少額で始められる」ため、お試し感覚で広告運用のスタートを切ることができます。

施策重要度
4.5
コスパ
4.5

Web広告に対してこんな悩みを抱えていませんか?

よくあるお客さまの悩み

  • 専門的な言葉がたくさん出てきて、意味がよくわからない
  • お金に見合った結果が出るのか不安
  • どこをどう設定すればいいのかが難しくてわからない
  • どんな人に広告を見てもらえばいいのかわからない
  • 自社の広告がうまくいっているのかわからず、不安になる

🆖 実は間違っていた!?問い合わせがこない理由

  • 広告が適切なターゲットに届いていない場合、関心のないユーザーに見られても問い合わせには繋がりません
  • 広告やホームページに対する信頼性が低いと感じられる場合、ユーザーは問い合わせページに進むことを躊躇します
  • 広告の内容とホームページの内容が一致していない場合、ユーザーは混乱し、信頼性が低下します
  • 問い合わせや購買の際に入力するフォームの項目が多すぎると、ユーザーが途中で離脱してしまう可能性があります

その他さまざまな要因はありますが、最初からトントン拍子にうまくいくことはありません。継続的なテストと分析を行い、改善策を実施することで、問い合わせ率を向上させることができます。

📌 WEB広告ってそもそもどんなもの?

Web広告とは、インターネット上で表示される広告のことを指します。主に「リスティング広告」と「バナー広告」と呼ばれるものがあります。他にもさまざまな媒体がありますがBtoB中小企業の担当者の方は、その2つを覚えておくとよいでしょう。

リスティング広告とは「Google検索」を行った場合、検索結果の上のほうに出てくる「スポンサー」と書かれた枠のことです。バナー広告とは、画像として掲出される広告のことです。GoogleもしくはYahooのどちらからを中心とした出稿が主なものとなっています。なお、デジタル広告市場は、すでにテレビCMの予算を超えるほどの規模に成長しています。

💘 WEB広告のメリット

Web広告の最大の特徴は、「見る人=ユーザー」を選ぶことが出来るということです。ユーザーの特性や行動に合わせたターゲティング、リアルタイムでの効果測定と改善が可能な点、高い費用対効果、多彩な広告形式、多くのユーザーに届けることができる広範なカバー範囲などさまざまなメリットがありますが、専門性が高いため、Web集客を支援している会社に相談するのがよいでしょう。

ターゲットが絞れる

Web広告は、ユーザーの年齢、性別、興味、行動履歴、地理的位置などに基づいて精密にターゲティングできます。これにより、広告を最も関心を持つ可能性の高いユーザーに表示することができます。

費用対効果が高い

Web広告はクリック単価(広告をクリックした段階で課金される)やインプレッション単価(広告が表示された段階で課金される)など、さまざまな課金モデルがあり、広告費用を柔軟に管理できます。少額から始めることができるため、予算に応じた広告戦略を展開できます。

高いエンゲージメント

動画広告やインタラクティブ広告など、ユーザーが積極的に関与する広告形式は、ブランドの認知度を高めるとともに、ユーザーとの関係を深めることができます。

🛍WEB広告の種類

リスティング広告

リスティング広告(Listing Ads)は、検索エンジンの検索結果ページに表示される広告のことです。具体的には、検索エンジンの検索結果の上部や右側、あるいは検索結果の中に、広告主が指定したキーワードに関連する広告が表示されます。これらの広告は、ユーザーが特定のキーワードを検索したときに表示されるため、検索ワードと関連性の高い広告を提供することができます。

特徴検索ワードに関連した広告を表示し、ユーザーの関心や意図にマッチした広告を提供する
主な媒体Google Ads、Bing Ads、Yahoo!プロモーション広告
課金形式クリック課金(CPC)、入札
相場一般的なキーワードや競争の激しい業界では、クリック単価が高くなる傾向があります

ディスプレイ広告

ディスプレイ広告(Display Ads)は、ウェブサイトやアプリ内のコンテンツの一部として表示される広告のことです。通常は、画像や動画、テキストなどのコンテンツを含む広告が、ウェブページの特定の領域に配置されています。ディスプレイ広告は、検索エンジン広告とは異なり、検索結果ページではなく、ウェブページの一部として表示されます。

特徴ユーザーの興味、行動、地理的位置などを考慮したターゲティングを行い、画像や動画などのビジュアル要素を用いて広告が表示される
主な媒体Googleディスプレイネットワーク、ソーシャルメディアプラットフォーム
課金形式クリック課金(CPC)、インプレッション課金(CPM)
相場広告のフォーマットや媒体、広告主のニーズによって相場は異なりますが、需要が高まると相場も上昇する傾向がある

リターゲティング広告

リターゲティング広告(Retargeting Ads)、またはリマーケティング広告(Remarketing Ads)は、ウェブサイトやアプリを訪れたユーザーに対して、その後に広告を表示するマーケティング手法です。具体的には、ウェブサイトやアプリ内で特定の行動(例:商品ページの訪問、商品のカートに追加、特定のページの訪問など)をしたユーザーに対して、後でそのウェブサイトやアプリ以外のサイトやアプリ上で広告を再表示します。

特徴ウェブサイトやアプリを訪れたユーザーに対して、その後に広告を再表示するため、関心を持っている可能性が高いユーザーにリーチできる
主な媒体Google Ads、Meta Ads、X Ads
課金形式クリック課金(CPC)、インプレッション課金(CPM)
相場広告のフォーマットやターゲットのセグメント、広告主のニーズによって相場は異なる

SNS広告

SNS広告とは、ソーシャルメディア上で広告を配信するマーケティング手法のことです。具体的には、Meta、Instagram、X、LinkedIn、Pinterestなどのソーシャルメディアプラットフォーム上で広告を表示し、ユーザーに製品やサービスを宣伝したり、ブランドの認知度を高めたり、コンバージョンを促進したりすることができます。

特徴ユーザーの興味や属性、行動などに基づいて精密なターゲティングが可能
主な媒体Meta Ads、Instagram Ads、X Adsなど
課金形式クリック課金(CPC)、インプレッション課金(CPM)、コンバージョン課金(CPA)
相場表の中身表の中身表の中身広告のフォーマットやターゲットのセグメント、広告主のニーズによって相場は異なる

動画広告

動画広告は、インターネット上で動画形式で配信される広告のことです。これは、YouTube、ソーシャルメディアプラットフォーム(例: Meta、Instagram、X)、ウェブサイト内の動画プレーヤーなど、さまざまなプラットフォームや媒体で利用されています。動画広告は、テレビ広告と同様に視覚と聴覚の両方を活用して、製品やサービスの宣伝、ブランドの認知度向上、ユーザーのエンゲージメント促進などの目的で使用されます。

特徴映像と音声を組み合わせた魅力的なコンテンツで、製品やサービスを効果的にアピールできる
主な媒体YouTube、ソーシャルメディアプラットフォーム
課金形式CPV(Cost Per View)、CPC(Cost Per Click)
相場広告のフォーマットや媒体、広告主のニーズによって相場は異なる

アフィリエイト広告

自社の商品やサービスを販売促進するために、他のウェブサイトやブログなどのパートナー(アフィリエイトパートナー)を活用する広告手法です。具体的には、広告主はアフィリエイトプログラムを設定し、自社の広告を掲載して成果を生み出すパートナーを募集します。

特徴成果が生まれない場合には広告費用が発生しないため、広告主のリスクが低い
主な媒体ブログ、Webサイト
課金形式成功報酬型、コミッション
相場成果に応じて支払うコミッションの割合や固定金額が相場となる

記事広告

記事広告とは、広告主が自社の商品やサービスを紹介するために、記事形式のコンテンツを作成し、それを出版メディアやウェブサイトなどの媒体に掲載する広告形態のことです。記事広告は、一般的な広告枠とは異なり、広告主の商品やサービスを自然な形で紹介することができるため、読者に対してより魅力的な情報提供が可能です。

特徴一般的な記事やコンテンツと同じ形式で掲載されるため、読者に対して自然な形で広告が提供される
主な媒体出版メディア、Webサイト
課金形式固定料金、クリック課金(CPC)
相場出版メディアやウェブサイトの知名度やアクセス数、記事広告の掲載形式によって相場は異なる

ネイティブ広告

ネイティブ広告とは、広告が掲載されるプラットフォームやメディアのコンテンツと視覚的に調和し、そのコンテキストに適合するような形式で表示される広告形態のことです。つまり、広告がそのコンテンツの一部として自然に見えるように配信されます。ネイティブ広告は、広告の中に含まれる商業的なメッセージが、ユーザーに対して強制的にではなく、自然に受け入れられるように設計されています。

特徴コンテンツと調和し、違和感のない広告体験を提供する
主な媒体Webサイト、ソーシャルメディア
課金形式クリック課金(CPC)、インプレッション課金(CPM)
相場広告が表示される場所や形式、ターゲティングオプションなどによって相場が変動する

👣サービスの流れ

お客さまの目標達成に向けて計画的かつ継続的に広告を運用・管理するプロセスを提供しています。私たちが提供している広告運用サービスの大まかな流れをご紹介します。

ヒアリング

ビジネス目標、ターゲット、予算、期待する成果などを詳細にヒアリングします。現在の広告運用状況や過去の実績を確認し、強みや課題を把握します。

分析・戦略立案

広告を配信する対象となるユーザーを明確に定義し、広告予算をどのメディアにどの程度配分するかを決定します。また、広告の効果を測定するための主要な指標を設定します。

広告ビジュアルの作成

画像や動画など、視覚的な広告クリエイティブを制作します。また、広告から遷移するランディングページの内容を最適化し、コンバージョン率を向上させます。

広告キャンペーン運用・管理

広告キャンペーンの構成を決定し、広告グループやキーワード、ターゲティング設定を行います。広告配信のスケジュールを設定し、配信を開始したらデータ分析の結果に基づき、広告文やクリエイティブ、ターゲティング設定などを継続的に最適化します。

❓よくあるご質問

Q
自分で広告運用するのと専門業者に依頼するのとでは、どちらが良いですか?
A

自分で運用する場合は、十分な時間と知識が必要です。専門業者は最新の広告技術や最適化手法を熟知しており、効果的なキャンペーン運用をサポートしてくれます。費用面での折り合いがつくのであれば依頼した方が本業に集中できます。

Q
広告の効果が出るまでにどれくらい時間がかかりますか?
A

広告の効果が出るまでの時間は、キャンペーンの内容や設定、ターゲット市場などによって異なりますので明確な時間はお伝えできません。通常、初期設定や最適化には数週間から1か月程度かかることがあります。

Q
広告費用はどれくらい必要ですか?
A

広告費用は、広告の目標や業界、競争状況によって大きく異なります。最低でも数万円から始めることが可能ですが、効果的なキャンペーンを運用するためには、継続的な予算と最適化が必要です。

Q
どの広告プラットフォームが最適ですか?
A

広告プラットフォームの選択は、ターゲットオーディエンス、広告の目的、予算などによって異なります。一般的には、Google Adsは検索連動型広告に強く、MetaやInstagramはソーシャルメディアでのブランディングに適しています。

Q
広告の効果をどうやって測定しますか?
A

広告の効果は、クリック率(CTR)、コンバージョン率、費用対効果(ROI)、クリック単価(CPC)などの指標を使用して測定します。これらの指標を定期的にモニタリングし、パフォーマンスを評価します。

目標の売上額を達成するためにどのくらいの予算をかけたらいいのか分からない、適切な予算の算出方法が分からないという方に集客予算シミュレーターをご用意しました。現状の売上と実施している施策が妥当かどうかのご判断にもお使いいただけます。