H.Saruwatari

「形にしたい」より「何のために
形にする」のかを見極める
ブランディングディレクターに。

猿渡裕和のプロフィールなど

経歴

幼少期を東京で過ごし熊本で生まれ育って、再び東京に戻って現在に至る。
元々は印刷系のデザイン業務を行っていましたが
Webを独学で少々、映像のプロダクションに入社し幅広い知識を得ることができました。
現在ではブランドマネージャーの資格を取得し、
クリエイティブ全般を上流から考えられるようになりました。

スキルセット

ブランディングを含んだ戦略からクリエイティブへの落とし込み、
紙・Web・映像と幅広い手法を用いた設計から製作まで一気通貫で提案することができます。

自分を形作った10のキーワード

映画・音楽・バンド・コーヒー・日本酒・ホラー・温泉・友人・睡眠・嫁

マイルール×7

  • 1.そもそも論から考える

    なぜそれをやりたいのかに疑問を持つ目を持つ。

  • 2.形にする前に形になった後のことを考える

    何に使われてどんな効果があるのかを想定する。

  • 3.平日は襟付きのシャツを着る

    いつお呼びがかかってもいいように準備しておく

  • 4.飲み過ぎて記憶を飛ばさない

    酒は呑んでも飲まれない

  • 5.やりたいことを絞らない

    夢中になると視点が絞られるので広い視点を忘れずに

  • 6.なるべくご飯は家族と食べる

    食事も会話も原動力

  • 7.急な仕事でも焦らず急ぐ

    焦ってしまうとミスも増えるので、できる限り迅速にを心がける

社長 神田京介から見た猿渡裕和

GOOODCREWの酒乱担当でNo2。敵意0%の笑顔でお客さんと友達になるスキルは日本一。そしてここ数年で急成長を遂げた超ハングリーファイターでもある。金融商品を当てては溶かし、1年ごとにポジションが変わり、髪が伸びたり短くなったりする変幻自在のカメレオンビジネスマンです。

最後に一言

仕事に好き・嫌いはありません。
何をやるにしろ好奇心と探究心を持って業務に取り組みます。

[mwform_formkey key="50"]

送信完了しました!
後日担当よりご連絡差し上げます。